合コンに慣れていない男でも大丈夫だった話

音楽の仕事をしていた24歳のときに、音楽関係の仕事をしている男6人と、ダンス系の仕事をしている独身の女6人の合コンに参加しました。

女子のダンス系というのは、ステージダンサーがいたり、とあるプロ野球のチアリーダーに所属している子がいたりと、いろいろでした。合コンというものにあまり慣れていなかった僕は、大学生ノリというか、妙に高いテンションで始まったその合コンのノリにもうひとつついていくことが出来ず、でも黙ってしまうと場の雰囲気を悪くしてしまうと思って、出しゃばらない程度に会話に参加していました。

自分が気を使う性格である事もあって、女子の中でも喋るのがあまり得意ではない子たちがいて、僕はその子たちが寂しく感じてしまわないように、だんだんと彼女たちに声をかける事が多くなりました。合コンは、次第に会話は大きな声で明るく陽気な声でさわぐグループと、落ち着いた雰囲気で色々と話し込むグループに分かれていきました。その中のひとりと気が合うと思い始めたのですが、その子はディズニーシーでダンサーをやっているとの事で、バックヤードの裏話などを聴かせてくれました。

すごく可愛く健康的だった彼女はどこかシャイでもあって、そこに惚れてしまいました。アドレス交換をして別れ、彼女と付き合うようになりました。

合コン慣れしていない僕みたいな男でも、合コンに参加できるのだなあと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です